ホルモンの影響による女性の薄毛、どんな時になりやすい?

女性の頭髪が薄くなるメカニズムとは

ホルモンの影響による女性の薄毛、どんな時になりやすい?

男性型脱毛症と呼ばれる症状がある事でも分かる様に、頭髪が薄くなる症状に悩むのは男性が多いものです。ですが女性は無縁かと言うと、そんな事はなく、薄毛の遺伝子自体は男性の様に両親から受け継いでいたりします。
ですが普段は女性ホルモンの影響が強いため、頭髪を薄くしてしまう要因である男性ホルモンは抑えられているのです。ですが産後は特にホルモンバランスが崩れ易いので、頭髪を薄くする遺伝子の影響が表に出てしまう事があり、そのため頭髪が薄くなり易いです。

 

同様に食生活や生活習慣の乱れによるストレスも、バランスを崩す要因となるので、注意が必要だったりします。

 

薄毛に対処する方法とは

女性に薄毛の症状が出た場合は、出来るだけストレス要因を取り除く事が必要です。そのため、睡眠を十分に取ったり、栄養バランスの取れた食事を心がける等、生活習慣を見直す事が大切だと言えます。そして既に頭髪が薄くなってしまった部分に関しては、育毛剤を使用して改善を促すといった方法を実行すべきです。

 

ただし育毛剤といっても、男性用の物は女性には肌への刺激が強過ぎる物も少なくありません。そのため、頭皮が荒れる等、逆に悪影響を及ぼすケースがあるのです。だからこそ刺激の少ない、女性専用の育毛剤を使用する事をおすすめします。