産後の女性の薄毛、授乳中でもできる育毛方法は?

頭皮マッサージで血行促進

産後の女性の薄毛、授乳中でもできる育毛方法は?

女性は妊娠・出産した後に、髪が薄くなってしまうケースも少なくありません。
産後脱毛症分娩後脱毛症と言われており、出産した女性の約70%が抜け毛が増えたと感じるようです。
時間の経過と共に改善する脱毛ですが、やはり少しでも早く元に戻したいと思う方が多いでしょう。
最近は医薬品による治療で薄毛を解消する事もできますが、授乳中は薬による治療はできない場合が多いと言われています。

 

おすすめなのが、頭皮の環境を改善するケアです。
頭皮マッサージを行い、頭皮の血流を改善する事によって、毛根に十分な栄養素が行き渡るようになる為、抜け毛予防の効果が期待できます。

 

栄養素をしっかり補う

頭皮マッサージなどでケアしていても、髪を作る栄養素が不足している場合、健康な髪を育てる事ができません。ですので、髪に良い栄養素をしっかり補う事も、育毛ケアに繋がります。
髪はケラチンというタンパク質が主成分です。
お肉や魚、卵に大豆製品など良質なタンパク質は、薄毛ケアに必要不可欠です。

 

この他にも食事で摂ったタンパク質をケラチンへと変える亜鉛に、頭皮の血行を良くする作用を持つビタミン類も意識して補いましょう。
特にビタミンEとビオチンという栄養素は、抜け毛を予防し育毛の効果がある為、おすすめとなっています。